外断熱工法の基礎知識

外断熱工法とは?

外断熱工法という言葉を最近よく耳にします。この「外断熱」の家が今人気になっているのですが、具体的にどんな工法なのかご存知でしょうか。

住宅を建てる時に、断熱材を柱と柱の間に入れるのが充填断熱・軸間断熱工法(通称:内断熱)と言います。これに対して柱の外側から断熱材を張るのが外張り断熱工法(通称:外断熱)になります。

まず外断熱のメリットをいくつか上げてみましょう。
メリットとして
1、建物の形状がシンプルな場合、風を防ぐ気密工事が非常に効果的に出来る。
2、内断熱のように柱などの構造体で断熱が途切れない。
3、大工さんが施工がしやすいため手間が減る。
などがあげられます。

それに対してデメリットもあります。

外断熱工法のデメリットとしては、
1、断熱材の厚さに制約があり寒冷地の一部では次世代省エネルギー基準に対応しにくい。
2、断熱材の上から外壁材を留めるので、地震などの時に外壁材が落ちるなど多少不安が残る。壁の厚みが増える。
3、コストがかかる。
などの点が挙げられます。

気になる外断熱の建築費ですが、マンションなどの鉄筋コンクリート造の場合、一般的に15〜20%は高くなります。建築時には、躯体構造の鉄筋コンクリートの外側に断熱材とそれを保護する外壁を作ります。

さらに、断熱効果を高めるためにサッシやガラスなども外断熱仕様にしたりしていくと、さらに建築費があがる可能性があります。しかし、外断熱工法のメリットを考えると十分納得のいく範囲ではないでしょうか。

流行だからといって外断熱工法に安易に決めるのではなく、メリット・デメリットを理解したうえで決めるのが大切です。

快適な家造りはトータルバランスが決め手になります。住宅会社によって断熱工法に対する考え方は様々ですから、分からない事は遠慮なく聞きましょう。

外断熱に関する本・書籍

★住んでわかった外断熱の家

販売価格:1680円

外断熱にするとどうちがうのか?そんな疑問に答えるべく実際の入居者による外断熱実感データを完全収録しました。健康、安全、快適、経済性、耐久性―夢を実現させる住宅のすべてがこの1冊でわかる!?今後、新築やリフォーム予定の方は必読です。

住んでわかった外断熱の家

★さらに「いい家」を求めて〜これからは外断熱の時代。〜

販売価格:1260円

外断熱・二重通気工法の家に住んで「住まい方のアドバイザー」として活躍中の著者が「いい家」について語る。

さらに「いい家」を求めて

★さらに「いい家」を求めて改訂新版

販売価格:1365円

これからは感性が決め手。主婦が感動する「いい家」とはいったいどんなものなのか?目からウロコの「見かた、感じかた」それを知っているのと知らないのとでは大きな違いです。

さらに「いい家」を求めて改訂新版

★外断熱住宅の落とし穴

販売価格:1785円

あぶない外断熱住宅ブームとして外断熱住宅に警鐘を鳴らす。データが示す究極のエコハウスの紹介や、家の快適さを実際の温度測定値や電気代で証明してみせる。

外断熱住宅の落とし穴

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。